安全な暮らしを手に入れる

屋根

修理の内容と費用

住宅が古くなると屋根や壁などが初めに劣化します。住宅を外部から守っている部分ですから、当然雨や風の影響を受けて劣化するからです。屋根修理を行う場合には費用の相場を知っておくことが大切です。どの程度の費用がかかるかを知ったうえで、修理の規模などを判断する必要があるからです。屋根修理の中でも部分補修工事であれば数万円から30万円程度で行うことができます。例えば、割れた瓦を取り換えたり、雨どいの修理を行ったり、雨漏りを止める程度であれば低価格で済ませることができます。もちろん、部分的な補修であっても足場を組んで修理する必要がある場合には、足場を組む費用がかかるため高額になります。部分補修工事を行う場合には、その場しのぎの工事になって、後々大きな工事をすることにならないかどうかを検討することが重要です。屋根修理の中でも最も一般的なのが塗装の塗り替えです。スレート屋根や金属屋根の場合には定期的に塗装を塗り替える必要があり、30万円から100万円程度の費用がかかります。塗装の塗り替えは費用の相場に開きがありますので、複数の見積をとって業者選定を行うことが大切です。大規模な屋根修理としては葺き替えがあります。既存の屋根材をはがして新しい屋根材を葺きなおす工事で大規模なリフォームになりますので、70万円から150万円程度かかります。しかし、耐久性は大きく向上しますので、老朽化が著しい建物の場合には安心して住むことができます。

Copyright© 2018 屋根修理業者は複数ある【屋根の状況に合わせて修理する業者を探す】 All Rights Reserved.